「できる人」の定義って様々だと思うんですが、個人的に「なにか閃いたらすぐ実行する人」が含まれると思います。

先日、『アイデアが閃いた』と別々の方からほぼ同時に報告・相談を受けました。ほんとに偶然ですが、そのアイデアは似たような内容だったんです。その方たちは親密なわけではありませんし、おそらくお互いのことを知らないと思います。

アイデアは似ていましたが、こんな違いがありました。

Aさん・・・アイデアが閃いたけどどう思うか、と相談してきた

Bさん・・・アイデアが閃いたので実行してみたけどこんな感じでどうだろうか、と相談してきた

もうこの時点で差が出てますよね。

よく言われることですが、なにか閃いたときって、たいていほかにも誰かすでに同じようなことを考えています。もしそのアイデアが世の中に出ていないのであれば、埋もれたのか、実行したけど成果がなかったのか、実行するのが面倒だったか、です。

ある程度の考察や検証が必要なこともありますが、思いついたらとりあえず実行したほうがよいと思います。それから仮説を立てて検証していけばいいので。

完璧にやろうと思うと失敗しますし、準備が終わった時点で一歩遅れているかもしれませんよ。

 

追伸:100 のうち 1 つが成功すれば OK